活用方法

出張が続きましたが、帰国してお客様と打合せです。

日本の優れた技術。

しかしその技術を活用仕切れていない企業が多いのです。

人材だったり、ネットワークの不足によって事業化ができない。

これは大変勿体無いと思います。

また、ブルーフロンティアでは、他の技術を保有されている企業様とのマッチングによって相乗効果が上がることがある場合には、お引き合わせをさせていただいています。

1社ではなくて、違う二つの技術を組み合わせることで大きな効果が生まれることがあります。

 

 

ブラジル新素材

商品開発のために、この地に来ています。

日本からは遠いです。ヨーロッパ経由でもアメリカ経由でもとにかく遠いです。

トランジットを入れれば、アマゾンまでたどり着くのは40時間以上になります。

アマゾンにはまだ日本に知られていない食材がたくさんあります。

これをブルーフロンティアの技術を使って、日本にお届けするために奔走しています。栄養価の高く、食感に優れているものや、健康に高い効果のある素材が多くあります。

今後が楽しみです。

RIMG4066

病との戦い

蚊にたくさん刺されて、高熱が出てしまいました。

勿論すぐに病院で治療していただきました。

抗生物質と点滴。

この仕事は自分の安全の確保も大切ですが、健康管理もとても大変です。

Parisにて

パリで新規事業の打合せです。

ブルーフロンティアのネットワークはかなり広域を網羅しています。

欧州の拠点として、トレンドをキャッチし、発信するには格好の街です。

IMG_3006

2016年

昨年は大変お世話になりました。

2016年はブルーフロンティアは事業拡大と更なる深化・進化を目指します。

どうぞよろしくお願いいたします。

大洋州へ

島嶼国は水問題を抱えています。

雨がたくさん降るから水不足はないのではないか?

っと思われがちですが、大雨のあとは、濁度が高くて浄水場の負荷が高くなってしまいます。

前処理、浄水場、給水、下水

一連のプロセスの構築から機材設置や製品の手配まで、ブルーフロンティアは総合的に行っています。

 

RIMG0087

環境都市 ブラジル クリチバ

環境都市クリチバを作った日本人中村ひとしさんにお話を伺いました。

日本と真逆の場所で地に足ついた活動を展開された方のお話はとても参考になりました。

写真はクリチバのバス停(バスチューム)です。

地下鉄を作らずにバス専用レーンを設ける。

街の構造が20~30年先を行っています。

IMG_1870

Brasil Brazil

サンパウロ クリチバ

日系人コミュニティーに助けていただきながら、

この地で日本企業の海外事業展開の支援を行っています。

RIMG3563

BOPビジネス

BOPビジネス、インクルーシブビジネスの開発はとても大変です。

ビジネスチャンスがあっても、途上国でどうやって人、サービス、商品を回していくか?

物価が安い中でどのように収益を上げるモデルを組み立てるか?

先進国で行うビジネスよりも、はるかに難し課題が立ちはだかることがあります。

だからこそブルーフロンティアの腕の見せ所です。

ベトナムで活動中です。

IMG_1354

帰国

暫くぶりの更新です。

ペルーでの汚泥処理の調査を行っていました。

汚泥から燃料を製造する。

実現の可能性が高くなってきました。

 

地球の裏側

そこに同じ想いを持っている人々がいます。

我が国の技術で解決できることがあります。

IMG_1079

 

新たな取り組み

ブルーフロンティアは、ベトナム国での畜産業に関する調査事業を受託いたしました。

現地の裨益に繋がるようにビジネスモデル構築をしてまります。

Laos

ラオスに来ています。

この国は大きく伸びると思います。

日本企業専用の中小企業限定の経済特区が間もなく始まります。

世界中探してありません。

雇用の確保や賃金体系も、大企業が入らないため楽になります。

 

アジアの企業進出の流れが変わってくるかもしれません。

RIMG2655

new step means frontier

フィリピン

ここでのプロジェクトは3年以上かかりましたがようやく工場が完成いたしました。

廃棄物燃料を製造し販売します。

ブルーフロンティアは、廃棄物、農業畜産業、防災、上下水道、医療、教育、BOPビジネスの構築の支援を行っています。

RIMG0407

 

新年のご挨拶

昨年は格別のご厚情を厚く御礼申し上げます

本年も昨年同様のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます
皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り致します
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます
 昨年は中小企業の海外展開支援を多数実施することができました。
ペルーでの下水排水処理、サモアでの上水処理、フィリピンでの廃棄物処理、ケニアでの医療系廃棄物、インドネシアでの農業、食料展開などなど多岐にわたる活動ができました。
本年は更に、農業、医療、教育分野などが多くなる見通しです。
ブルーフロンティア一同本年も全力で頑張ってまいります。
引き続きのご贔屓を何卒宜しくお願い致します。
スタッフ一同

5 weeks

サモアでの作業は5週間に及びました。

強い日差しに焼かれ真っ黒になりました。

完成

仲間と力をあわせ

一つの仕事を完成させる

 

これは尊い経験になりました

この仕事を愛する理由の一つです

IMG_9178

大洋州

濁度軽減のための設備を作りに大洋州に来ました。

日本のすぐれた技術を活用して、環境開発課題解決のために活動を展開しています。

IMG_9151

 

 

革命100年

戦争と革命。平和を標榜する人でも革命を赦す人がいます。技術革命や情報革命などはいいのでしょうが、「絶対悪」である「悪政」を打破する目的の為と称して、国民を煽り多くの血を流す事が革命であるならばそれは内戦であり戦争の一つと言われる事もあります。

革命の定義は曖昧です。

そして悪政がこの世に存在する事も事実でしょう。

しかし今日のニュースでも報道されたように、多くの流血がおこった第3次エジプト革命のように、当初は、無血革命とかfacebook革命とか言われた割には中身が伴っておらず不平不満の捌け口になっただけで改革が全然進んでいない状態ならば無責任革命であるのでしょう。

死者は300名を超えて、負傷者も3000名以上にのぼりました。失望は大きいと思います。その矛先が軍部に向いています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111010/k10013155681000.html

辛亥革命から100年。

孫文、周恩来、蒋介石、毛沢東など中国史に欠かせない人々が関係した革命です。

しかし中国革命を金銭面で支援した日本人の事はあまり語られません。

孫文を現在の価値で言うとおよそ1兆円を支援した男。

梅屋庄吉。

孫文との交流は日中関係を考えて1972年の日中国交正常化まで公開されませんでした。

あの日本の南極探検家/白瀬矗(しらせのぶ)の記録映画も撮影しました。20108月上海国際博覧会の日本館で梅屋のひ孫が孫中山故居記念館の協力を得て、庄吉夫妻と孫文夫妻の交流のドキュメンタリー、手紙、祈念写真などの展示を行ったそうです。

何故か日比谷公園横にあった「中山」の表札を気に入り日本名 中山を使った孫文。

歴史に学ぶ事は良きものを取り入れ、そして過ちを繰り返さない為でもあります。

アフリカ

来年の1月にアフリカに行くことになりました。

いよいよアフリカでのプロジェクトを開始します。
海外でのプロジェクトを始めるには膨大な時間と関係者の協力が必要ですね。
ビジネスに必須なのは信頼できるパートナー。
ご縁を大切にしたいですね。
プロジェクトの詳細はいつかきちんとお話しさせていただきますね。
以前西ティモールで実施したプロジェクトは開始から早くも3年です。自信を持って進めてきましたがそれでも自然を相手にするのは不確定要素が多く大変です。
それでも困難なプロジェクトは意義が大きく遣り甲斐はあります。
スタッフも皆それぞれのプロジェクトに愛情を持って進めています。思い入れが無ければ乗り越えられない事ばかりです。
何の為に働くのか?
その解の一つを見つけているのでしょう。
お花を頂戴しました。

四国へ

久しぶりに家に帰り数時間仮眠して一路松山へ。

朝から猛烈な暑さです。
これならば太陽光発電も十分できますね。
FITの価格に沸き太陽光発電の話しがバブル気味ですが、不適正価格 –自由貿易– 障害問題をクリアしない限り儲かるのは地主だけになってしまいます。
各国の物価が違うのに「自由貿易=関税撤廃」という構図で特をするのは誰かは明らかです。寧ろこれは自由貿易ではなく先進国の国益を損なう可能性が高いと考えています。
様々な障壁はありますが、脱原発の為の具体的な道筋を見いだす為に沢山の事を実施していきたいものです。
炎天下でスーツ。しかもリフトに乗っているという意味不明の状況です。
あちこちから蝉の声が聞こえます。
夏はいいですね。でも疲れます。